レジロールならこの会社!比較6サイト

レジロールを安く買える販売店を調べるのに便利

レジロールは、消耗品となります。特に会社にとってはこのレジロールは使う頻度は多いことから、レジロールの仕入れコストは決して軽視できません。そこで安くレジロールを買える販売店を探す必要があります。その際に便利なのが、こちらの比較サイトです。この比較サイトを利用すれば、簡単にどこの販売店が安いのかを調べることができます。

この比較サイトでは、複数のレジロールの販売店のレジロールの単価を比較をすることができます。そして、一覧で比較することができることから瞬時にどこの販売店がレジロールの単価が安いかを調べることが可能です。

またこちらの比較サイトでは、サイト開設者が厳選したレジロールの販売店も紹介しています。こちらは単価が安いだけでなく品質にもこだわった販売店を紹介していますので、品質にもこだわりたい場合にはこちらの販売店を利用することも検討してみると良いでしょう。

JUSTロール

総合評価★★★★★
使いやすさ★★★★★
情報の多さ★★★★★
サービス★★★★
顧客満足度★★★★
公式サイトはコチラ

ポイント

  • 他社に比べると圧倒的な安さと種類を揃えている
  • 幅広いメーカーで対応可能で、サンプルも手配することができる
  • 取り急ぎの発注も対応してもらうことができる

JUSTロールでは他社に比べると圧倒的な価格の安いレジロールを販売しています。白だけでなく黄色やピンクといったカラー展開をしてるため、希望のレジロールを購入することができます。ショップにてレジロールの使い分けをしているときなどにもまとめて揃えることができます。

JUSTロールで取り扱っているレジロールは幅広いメーカーのレジにて対応することができ、対応表になくても相談をしてから対応をしてもらうことができます。サンプルを手配することができるため、使ってみてから購入することができます。

取り急ぎ納品希望でも安心です。午前中までに注文をすると即日配送となります。注文や問い合わせはネットだけでなく、電話やFAX対応も行っています。注文するまでに質問をして確認をしたいときにも疑問を解決してから購入することが可能です。

フォレストウェイ

総合評価★★★★
使いやすさ★★★
情報の多さ★★★★★
サービス★★★★★
顧客満足度★★★★
公式サイトはコチラ

ポイント

  • 高保存用があるので長期間に渡って使い続けることができます。
  • 紙の厚さが薄いので、使いやすいです。
  • 頻繁に使用できるものがあります。

フォレストウェイで販売しているレジロールは頻繁に使用できるように紙の素材が薄いです。紙の素材が薄いと通常のレジロールよりも丸まりやすいので、使用するのに抵抗を感じることはありませんし、本体が故障することも少なくなります。

レジロールは消耗品ということもあり、できるだけ安いものを購入したほうがお得です。フォレストウェイは、コスパを重視していて、長期保管ができる商品を数多く取り揃えてあるので、安くても不良品は販売していません。

価格は1巻あたり99円です。ネットで注文するときは12ミリのレジロールを100巻単位で購入することができて、納品まで迅速な対応をしているので、急な発注でも期日までに商品を届けています。

レシート.com

総合評価★★★★
使いやすさ★★★★
情報の多さ★★★★★
サービス★★★★
顧客満足度★★★★
公式サイトはコチラ

ポイント

  • 輸入品と簡易包装で価格をダウン提供
  • 一部地域を除いて5000円以上で送料無料になること
  • 午前中に到着した注文は即日発送をしていること

レシート.comはレジロールを製造販売しているお店です。このお店はインターネット販売のお店で、その会社は岐阜県岐阜市の茜部というところで活動をしています。この会社の営業時間は平日の10時から18時までで土曜日と日曜日と祝日は定休日となっています。

この会社は昭和46年5月8日に設立されていますが、主な業務内容は飲食店や小売業で使用する様々な機器とその消耗品の販売を行っています。そしてその一環としてレジロールの製造販売が行われています。そのレジロールはインクが要らない感熱紙タイプとインクを使う普通紙の2種類を扱っています。

インクが要らない感熱紙タイプではレシート幅が45と58と80の各ミリメートルを、インクを使う普通紙では紙幅が38と45と58の各ミリメートルを扱っています。なお5000円以上を注文した場合は北海道と沖縄と離島を除いて送料が無料になると宣言をしています。

ミモザ情報システム

総合評価★★★★
使いやすさ★★★★★
情報の多さ★★★★★
サービス★★★★★
顧客満足度★★★★★
公式サイトはコチラ

ポイント

  • サンプル品や送料などが無料です。
  • 全製品が国産なので、高品質です。
  • サイズから探し出すことができます。

ミモザ情報システムは小型プリンターなどに使用するレジロールを販売しています。紙の表面には特殊な構造が施されているので高品質です。しかも、熱を感知したら色が変わるように加工されていて、様々な用途で使用することができます。

レジロールは工場から直接配送されるので、短期間で手に入ります。サイズは45ミリから114ミリまで選べるので、用途を把握してから注文をしましょう。紙の色は白で保存性はノーマルから高保存まで選ぶことができます。しかし、保存状態によっては期間が短くなることもあります。

商品の梱包状態は5巻ずつ内箱で分けられています。配送は本州や九州地方は送料無料です。当日発送もしているので、支払い方法を確かめながらレジロールを購入しましょう。

テンポス情報館

総合評価★★★★
使いやすさ★★★
情報の多さ★★★
サービス★★★★★
顧客満足度★★★★
公式サイトはコチラ

ポイント

  • バリエーションが多いので、ニーズに合った商品が見つかる
  • 当日配送ですぐに商品が手元に届く
  • ほかに負けない激安価格に挑戦している

テンポス情報館は、プリンターの各メーカーに対応した感熱レジロールを取りそろえています。またキッチンプリンターや券売機用のレジロールも多種そろえていて、型番表記がしてあるので、必要な商品を見つけやすいです。

また「ストックを切らしていてすぐに商品が必要」という方のために、スピード対応してくれます。平日17時までに注文をすれば、商品を当日発送してくれます。ただし、北海道や沖縄や四国の一部地域では、2日から5日後のお届けとなります。

さらにテンポス情報館では、他のレジロール販売業者よりも、手頃な値段に挑戦しています。レジロールは消耗品でありながら業務に必須なものです。激安価格を利用して、月々の予算を少しでも抑えることができます。

株式会社ミタ

総合評価★★★
使いやすさ★★★★
情報の多さ★★★
サービス★★★★
顧客満足度★★★★★
公式サイトはコチラ

ポイント

  • 「いますぐ必要」に応える即日出荷
  • カラー・デザインを変えて自店のアピールも可能
  • 機械のメーカー・型番から逆引きできる

飲食店や販売店など、日々の運営で必ず必要になるのがレジロール紙などのロール紙ですね。毎日使うものだから、油断して在庫チェックを忘れて、いざ在庫切れという時には大変です。株式会社ミタの通販は、汎用のレジロール紙であれば即日出荷が可能です。すぐに必要になった時のために、予め株式会社ミタのウェブサイトはブックマークしておくことをおすすめします。

単なるレシートではなく、お客様に自店をもっとアピールしたいと思われる店舗様には、カラーロール紙や絵柄つきのレジロール紙をおすすめします。感熱タイプの様々なレジスターで使える、一般的なレシートサイズの58mm幅と80mm幅のレジロール紙でオリジナルレシートが作成可能です。

インターネット通販で何かを購入する場合、実物が見られないだけに心配になる時があります。レジロール紙の場合を例にとれば、注文するロール紙が自店のレジスターに合うかどうか、などですね。株式会社ミタのウェブサイトでは、レジスターなどのメーカー・機器から逆引きで対応ロール紙を検索することができます。確実な型番がわかれば、買物にも安心ですね。

お店をしているとレジロールは必需品です

商売をしている方にはすごく馴染みのあるレジロールですが、現在でも仕入れが決まっているところです。しかし、もう少し条件の良いレジロールが売っているかもしれない、という所での紹介になります。まず、一般的にレジロールの仕入れ先としては、レジを購入したところから、取引する事が常識なところになります。レジロールは消耗品になりますので、出来る限りコスト削減ができるところですから、他の仕入れ先を考えてみます。初めに家電の量販店です。家電量販店もレジを販売していますので、そこに連動してレジロールも売っています。お持ちのレジの型番を覚えて、レジロールの横幅を控えて購入します。もしかしたら、今までの仕入れ先よりコストが下がる可能性があります。家電量販店の割引率やポイントの付与などもありますので期待してみます。

それから文具屋さんも、レジロールを販売しています。大きな文具屋さんになりますが、オフィス街などのお店でしたら売っているようなので、価格の比較をしてみると、面白いです。しかもレジロールのい販売の専門店もあるようで、レジロールに特化していているので、安く販売しているところもあるようです。近くにあるようでしたら直接、行ってみるのもいいですが、近くにありませんでしたら、電話で問い合わせしてみます。大口の取引など特別な取引でしたら、値引きも応じてくれる可能性もあります。工場の直販というレジロールもあります、そこもあの手この手で販売していますので、調べてみないと損です。業務用の専門の雑貨屋さんもありますが、最近では通販の方式の売り方のところも目立ちますが、通販も店舗のコストが削減されているので、なんでも安く売られています。

最近ではインターネットでの販売のサイトがあり、そこにはレジロールも販売されています。しかも数多くのサイトが存在しており、迷うほどあります。サイトで販売されているレジロールは、基本的に安価で売っているので、比較する価値もあるものです。ここで注意する事はレジロールは材質の種類がありますので、間違えないように気を付けます。レジの印字の仕方で、紙の材質が変わってきます。レジロールの販売の会社がサイトを掲載しているものもありますし、ショッピングサイトでも売られています。しかも、インターネットでの購入でしたら送ってもきますので、買いに出かける面倒も省けて一石二鳥です。サイトで紹介されているレジロールは、どこでも激安を売りにしているので、お持ちのレジと型番が一致すれば、得ですので時間があれば検索してみます。

MENU